マイカーの購入

マイカーの購入

シングル・ルームに移ったおかげで勉強に集中でき、成績もAが多くなってきた。日本の大学に戻ってから、留年を避けるために Transfer credit(単位の移転)する必要があるが、この成績なら問題はなさそうだ。

生活に余裕が出てきた僕は、アルバイトに精を出した。前述の物理の Tutor がいちばん楽でペイも良かったが、カフェテリアの料理人、給仕、掃除係りなど、何でもやった。そんなある日、友人のデニスが僕に、「耳寄りな情報」を持ってきた。

デニス: Hey Suchan!  You know what?  I have a great car for you…

僕: A car for me?  I don’t have that kind of money.

デニス: My Dad is a great mechanic and wants to sell a car for $150.  You wanna take a look this weekend?

なんでも、デトロイトの実家にいる彼のお父さんが車を入手し(実際はジャンクを拾ってきた)完璧に修理したので、それを 150 ドルという破格の値段で売りたいということだった。 150 ドルで車が買えるなんて夢みたいだと思った僕は、さっそくその週末に彼の実家へと同行した。

僕たちを出迎えたお父さんは、庭先に鎮座する相当古い年式の錆だらけの白い車を指差して、「俺が直したんだ」とさも得意げの様子だった。

アメリカン・モーターズ社(American Motors Corporation: AMC)の Rambler で、1969年式の最終モデルだ。7年落ちの中古車なのでそれほど年月は経っていないのだが、ミシガン州では路面凍結を防ぐために道路に塩をまく。そのため庭先の道路に放置するような状態で保管すると、どんどん腐食が進み、ボディは錆のために穴だらけとなる。このクルマも文字どおりボロボロの状態だった。もともと Rambler は安いので、日常の足として酷使した後に捨てられたのだろう。

ただ、メカには大きな欠陥はなさそうで、エンジンも低い音を立てながら軽快に回った。アメリカでは珍しいマニュアル・トランスミッションのその車を少し運転してみて、僕は購入を決めた。帰り道、反対側の車線を無意識に運転している僕に気づき、デニスと一緒に来たディーラーのスティーブは悲鳴を上げ続けていた。それでも何とか大学に帰り着き、キャンパスの空いた場所に駐車した。

翌朝、タウンまで買い物に行こうと車のエンジンをかけようとした時、僕は異常に気がついた。セルモーターが回らない。バッテリーが完全に駄目になっていたのだ。

デニスに文句を言うと、いや、そんなことはない、オヤジは完璧に直したし、実家ではそんなことは一度もなかった。きっと昨夜の寒さで駄目になったのだろう、などとうそぶく。やむを得ず近くのオートショップに行き、僕は泣く泣く40ドル支払い、バッテリーを交換した。バッテリーが車の値段の4分の1もするなんて聞いたこともない!

もうひとつの難関は、保険料だった。

保険会社と条件によって、大きく異なるが、いずれも200ドル以上で、僕の想像を遥かに超えた価格帯だった。車の値段よりも高くなってしまうのはあまりに馬鹿げている・・・と、十数社の保険会社をあたり、ついに100ドルちょっとで契約できる会社を見つけた。

こうして一緒に苦労すると、ボロボロの車でも愛着は湧くものだ。友人と一緒にダウンタウンに買い物に行ったり、普段なら歩いて行く近場のショップにもクルマで乗りつけたりと、様々な機会に乗り回した。驚くことに、このアメリカでも「留学生が車を持つとは何事だ」などと非難する連中もいたが、僕はお構いなしに得意顔でデートや友人の送り迎えなどに使った。

By |2019-01-04T12:02:14+00:00December 28th, 2018|Categories: コンテンツに没頭, 亜米利加遊学記【大学編】|0 Comments

Leave A Comment

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.