バス・トリップ

バス・トリップ

僕にとって最高の思い出が、他国の留学生たちと1ヶ月間行動を共にしながら各州の高校を訪ね歩くバス・トリップだ。

前に述べた「AFSウィークエンド」の長期豪華版で、バスという団体行動に便利な移動手段があり、卒業後のたっぷりとした時間を使えるのがいい。しかも様々な国から来た留学生たちと1ヶ月も行動を共にするのだ。

文化交流を目的としたこの巡業旅行では、昼間はバス移動とピクニック、到着先の高校で自国文化についてスピーチを行い、夜には決まって体育館でダンスパーティーが開催された。地元の高校生と親交を深め、その晩はボランティアの家庭のお世話になる。

この時ほど、人種や文化の違いを肌で感じたことはなかった。留学生はいずれも超社交的で強烈な個性を持っており、トルコ、マレーシア、タイ、フランス、ドイツからなど、僕のグループには12~3人ぐらいいただろうか。

もちろん日本人は僕ひとりだ。ブラジルからの留学生男女は、さすがにワイルドだった。

“Hey, I fxxxed my sister…” ある朝、出発前のバスに集合すると、タイから来たワルの留学生がニヤニヤしながら僕に耳打ちした。Sister と言っても、実の姉妹ではない。バストリップ訪問先の高校に通うホスト・シスターのことで、宿を提供してくれるボランティア家族の娘さんだ。

“I was late last night, you know. When I got home, there she was, waiting for me… And guess what… Oh man ! She was so wild !”(ほら、昨夜遅かったろう? 家に入ったら、彼女がまだ起きていて、俺のこと待っていたんだ・・・ で、どうなったと思う? ワイルドだったぜ~!)

バス・トリップは、この留学制度の総仕上げとなる貴重な体験だ。

アメリカの高校生に混じって1年近く生活した後なので、英語はネイティブに近いレベルにまで上達しており、人種や母国語が違っていてもコミュニケーションには全く問題がない。

話せば話すほど、異なる文化の裏に潜む深い洞察を得ることができ、強い絆が生まれる。 1ヶ月も行動を共にすると、メンバーの間には様々な人間関係が入り乱れてくる。

僕はオーストラリアの女の子と恋に落ちた。

By |2018-11-01T15:07:11+00:00October 30th, 2018|Categories: イディオムを駆使, 亜米利加遊学記【高校編】|0 Comments

Leave A Comment

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.