リフト上の決断

リフト上の決断

ヤバイ! 直感的にそう感じた。

安全のためにリフトが止まることはよくある。でもこれは何かが違う。改めて前方をよく見ると、先の方まで誰一人乗っていない。後ろを振り返っても同じだ。慌てて飛び乗ったので気に留めなかったが、思い返せばリフト乗り場は灯りが消え、小屋の入り口も閉まっていた・・・ そうだ、夕闇が迫る前にとっくに営業を終了していて、何らかの理由で空運転していただけなのだ。僕はそれに飛び乗ってしまった!

不安がつのる中、僕はリフトが動き出すのを待った。10分、20分・・・

いくら待っても、動き出す気配は無い。あたりは闇と静寂が深まりつつある。試しに大声で叫んでみた。し~んと静まりかえった斜面や樹木の間からは、何ひとつ反応はない。二度、三度と、声の限りをつくして叫んでみても、静寂の中に吸い込まれていくだけだ。

そうだ、ストックでリフトを叩こう! 誰かが音を聞きつけて、事態に気づいてくれるかも知れない。ガン・ガン・ガン、ガ~ン・ガ〜ン・ガ〜ン、ガン・ガン・ガンと、僕はリフトの支柱やフレームを、ありったけの力で叩き続けた。途中からはモールス符号のSOSに切り換えた。が・・・何も起こらない。

状況は明らかだった。リフト乗り場にも、終点にも、山の斜面にも、もう誰もいないのだ。斜め下のスロープは既に暗く、もちろん照明もない。こんな時間に滑り下りるスキーヤーなど、いるわけがない。

そうやって1時間が経過した。日がとっぷりと暮れた冬山は、さすがに冷えてきた。

こうして寒さに耐えながら、このまま救助を待つしかないのか・・・ 問題は、助けがいつ来るかだ。アメリカのスキー場で、そもそもパトロールなんて習慣があるのかも分からない。日本とは比べものにならないくらい広いこのスキー場で、救助隊が僕を発見してくれる確率は相当低いだろう。

戻って来ない僕を案じて、デニスが警察に通報してくれるかも知れない。でも能天気なデニスのことだ。深夜ぐらいまで、いや朝になるまで待たないと、何もアクションを起こさないことは十分に考えられる。当てにならない救助に望みを託して、寒さと戦うなんてまっぴらゴメンだ。ましてやリフトの上で凍死なんて、見せ物みたいでカッコ悪すぎる。自力で状況を打開する方法はないか・・・ 僕は必死で考えた。

下を見ると、雪が積もった斜面までは10メートルはありそうだ。飛び降りるなんてあり得ない。

リフトのロープまでよじ登り、ロープづたいに地面との距離が近いところまで移動できないか・・・ これも無理だ。前を見ても後ろをみても、地上との距離は縮まるどころかより高くなっている。終点まで登り切るには体力がもたない。ロープを掴んで始点まで滑り下りるのは危険すぎる。ロープを握りながら何とかひとつ下のリフトまで行っても、そこで停止できる保証はない。誤って落下したら、今よりももっと危険な場所に落ちることだってあり得る。

前も駄目、後ろも駄目となると、残された道は下しかない。僕は、真下の雪の斜面をもう一度見た。

こんな高さから飛び降りた経験はない。着地と同時に回転してショックを和らげるには、斜度が足りない。リフトの下にぶら下がって手をいっぱいに伸ばしてもせいぜい2メートルだ。足先から地面まではまだ8メートルもある。足元の雪はおそらく10センチぐらいの深さで、多少はクッションの役割をしてくれるだろう。でも着地のショックで骨折でもしたら大変だ。自力で山を登って、反対側のふもとまで滑り下りるのは不可能となる。

あれこれ考えながら、僕は半ば決心していた。

飛び降りるしかない。飛び降りた際の衝撃を極力和らげ、怪我のリスクを最小限に抑えるにはどうすればいいのか・・・? スキーは外そう。僕はビンディングを緩め、愛しのK2を片足ずつ放り投げた。スキーが雪面に埋まる様子で、雪の状態と深さがわかる。新雪が寒さで凍った少し硬めの雪のようで、緩衝材の役目は果たしてくれそうだ。

さあ、ブーツはどうするか。今のまま固くバックルを締めたままだと、着地の際にブーツの上の部分で骨折するかも知れない。そうなったら歩くことはおろか、激痛にもがき苦しむことになるだろう。バックルを緩めるとどうか。足首が自由になるので、捻挫程度で済むのではないか。ブーツの中で足が動き、多少ショックが和らぐ可能性もある。いっそブーツも脱ぎ捨て、素足で着地したらどうなるか。着地の衝撃が、何の保護もない素足に直に伝わるだろう。交通事故の際に、道路に放り出されるみたいなものだ。やめておいた方がいい。

着地の状況を想像しながら、僕は頭の中で何度もシミュレーションした。

方針は決まった。バックルを緩め、ブーツを穿いたまま飛び降りるのだ。そう決心した僕は、片足ずつブーツのバックルを外していった。強く締めていた足首から足先まで、血が巡っていくのが分かる。

さあ、やるぞ。

もう一度、はるか下に見える雪面を注視した。あの雪の吹きだまりに着地するのだ。膝を柔らかく使ってショックを吸収し、尻、そして腰から上を柔軟に衝撃に合わせるのだ・・・

もう迷いはない。僕はリフトのクッションに預けていた体重を、支柱の両手に移した。そこから徐々に下に持ち替え、チェアの一番下のフレームを両手でしっかりと握った。さあ、ここからだ。しっかりと握っている手の感触を頼りに、僕は全身を空中に投げ出した。

まずは成功だ。僕の全身は、リフトの真下にぶら下がるように、しっかりと伸びきった。もう後戻りはできない。僕は両腕をいっぱいに伸ばし、膝に神経を集中しながら、固く握っていたリフトのフレームを手放した。

ドサッ・・・ 鈍い音がして、僕の両足のブーツは、半分斜めになりながら雪面に突き刺さった。半分尻もちをついたが、思ったより深かった雪が、衝撃を吸収してくれていた。背骨に損傷はない。ブーツの中では、僕の両足が動いている。痛みはない。助かった!

僕はしばしその場で、神に感謝した。

あとは宿に帰るだけだ。僕はスキーを担いで斜面を登った。周りの雪明かりが、僕の決断を祝福しているようにも見える。清々しい気分だった。

By |2019-01-13T08:40:25+00:00January 10th, 2019|Categories: 亜米利加遊学記【大学編】|0 Comments

Leave A Comment

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.