スピーチ

僕の留学先は、オハイオ州のシンシナティから30マイルほど離れたところにある田舎町だった。

この留学制度は文化交流を目的としているため、意図的に留学生をアメリカ人しかいない小さな町に滞在させる。もちろん日本人などどこにもおらず、皆はじろじろと珍しそうに僕を眺めた。

留学費用はコミュニティの募金で賄うため、留学生はコミュニティに貢献する義務 がある。その代表的な活動がスピーチで、到着後3ヶ月ぐらいして何とか英語に慣 れてきた頃から地元の教会などに招待され、日本文化についてスピーチを行う頻度がどんどん増えていった。

最初は大きなプレッシャーだったが、聴衆の大半は年配のおばさんたちで、僕の話に笑顔で耳を傾けてくれ、積極的に質問してくれた。

“Do you have a Christmas in Japan?”(日本ではクリスマスがあるのですか?)
“Of course, we all celebrate Christmas.”(もちろん、皆で祝います)
“But aren’t you a Buddhist?”(でも仏教徒ではないのですか?)
“Oh well…”(え〜っと・・・)
“So tell me how you celebrate a Buddhism wedding in Japan…”(仏教の結婚式 はどうやるのか教えてください・・・)

そんな具合で、彼女たちは通常、はっきりとした発音でゆっくり英語を話すので、僕にとっては絶好の英語トレーニングの場だった。

自分の意見よりも事実を話すのは容易なので、とてもいい会話の練習にはなったが、自分が、日本の文化、とりわけ冠婚葬祭などについて、全く無知だったことを痛感し恥ずかしく思うことも多々あった。

By |2018-10-29T01:18:20+00:00October 27th, 2018|Categories: 英語の構文を征服, 亜米利加遊学記【高校編】|0 Comments

Leave A Comment

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.