This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.
Home 2017-04-27T01:16:35+00:00

英語を学ぶのは終わりです。英語「 」学ぶのです。

英語の勉強を続けられない…

今年こそはと思い、人気の教材を買ってみた。でも忙しくて時間がない… 毎日やらなければと思いながら、だんだん疎遠になる…

続かなくて当たり前です!

メアリーがレストランで…  とか、ジョンが空港で… とか。レッスン用に作られた架空の物語に興味が湧くはずはありません。そんな状況に無理矢理自分を押し込んでも、すぐに飽きて当然です! もっとワクワクしながら英語に触れませんか?

凄いノウハウがあるに違いない…

聞き流すだけ、毎日3分、たった○○するだけ... そんな特効薬さえ見つければ、時間をかけずに苦手な英語を克服できるはず...

甘い誘惑に乗ってはいけません!

そんなに簡単に上達できるなら、世の中はエキスパートだらけです。正しい知識によって無駄な努力を省くことはできても、一気に達人になれるような魔法など、どこにも存在しません。甘い言葉には要注意、いいかげんに目を覚ましてください!

英語を使う環境がない…

せっかく勉強しても成果が見えない。学んだことを使う機会がない。それに、まわりに外人さんなんて皆無だし…

ネットで世界中に友人を!

無理して駅前スクールに通うなど、今や愚の骨頂です。ネットは全世界の人々を結びつけ、リアルタイムなコミュニケーションを可能にしました。英語を学ぶ目的はまさにそこ。最新テクノロジーで世界と繋がる方法を、あなたにすべて伝授します。

留学生活で得た知恵をあなたに

日本とアメリカでは、学習効率に大きな格差があります。

未だに「技を盗む」職人文化が抜けきらない日本に対して、スキルの標準化・高速道路化に注力するアメリカでは、誰もが一足飛びに上級レベルまで到達し、そこから個人の才能が開花していきます。

私こと Sam は、17歳の時から数年単位で日本とアメリカを行ったり来たりしてきました。その過程で、日米の文化や考え方のギャップに悩みながらも、合理的なアメリカ式の教育・学習スタイルを徹底的に体験し身につけることができました。

英語学習法に限定せず、皆さまにそんなノウハウも惜しみなくお伝えできれば本望です。

高校生活の 1/3 を米国オハイオ州で過ごす
大学生活の 1/4 を米国ミシガン州で過ごす
ハーバード大学院に2年間通う/修士号を取得
勤務先の 86% は外資系企業
TOEIC スコア: 930 点
TOEFL スコア: 620点

Latest From The Blog

スキー・レッスン

By | June 25th, 2017|Categories: コンテンツに没頭, スターに成り切る, リアルワールドへ|

感謝祭を過ぎると、五大湖に隣接した中西部のミシガン州は、さすがに寒くなってきた。近くの丘を利用した、10回のスキーのコースが発表されたのはそんな頃だっ た。大学1年の時に一度だけ誘われ、友人から借りた2メートルのスキーに悪戦苦闘した苦い思い出のある僕は、絶好のチャンスだということでさっそく応募した。スキーが初めてという学生たちが10人ぐらい集まった。 このスキー・レッスンは、まさに異次元の体験だった。わずか10回のレッスンで、全くの初心者だったクラス全員の学生が、中程度の斜面を軽やかなウェーデルンで自由自在に滑ることができるようになったのだ。その秘密は、GLMと呼ばれるレッスン方式にあった。GLM とは Graduated Length Method の略で、つまり長さを段階的に増やしていく手法のことだ。 レッスン第一日目、僕たちは全員、45センチのスキーを履かされた。横に一列に並ぶと、インストラクターは、その場で軽くジャンプして方向を変えるよう指示した。それを何度か繰り返し、膝を柔らかく利用した抜重による方向転換のコツを学ぶのだ。 平地で抜重による方向転換ができるようになると、緩やかな斜面に移動し、やはり同じ場所での方向転換を何度も練習する。膝を曲げては伸ばし、スキーの方向を変 [...]

女子寮・男子寮

By | June 25th, 2017|Categories: イディオムを駆使, リアルワールドへ|

マサチューセッツ大学と比較して、田舎町のこの小さなカレッジは、やはり保守的だった。お坊ちゃんお嬢ちゃんにもしものことがあってはいけないという配慮によるものなのか、僕が夢にまで見た「男女共学寮」はなかった。どの寮も、中央を境にして、男子ウィングと女子ウィングに明確に分離されている。 女難の相がある僕は、神のお導きによってか、Trowbridge Hall と呼ばれる寮の男子ウィング、それも中央から一番遠い場所の地下のスイートルームにアサインされた。スイートと言っても、男2人のダブル・ルームが真中のバスルームでつながっているというだけのことで、要するにバスルームを共同で使え、ということだ。このホールの一角は、ジョーク混じりに「Skid Row」(ホームレス・麻薬中毒者などがたむろするエリア)と呼ばれており、建物は古く、暗く、最悪の設備だった。 隣には DeWaters Hall と呼ばれる女子寮があったが、そこは男子禁制のエリアだっ た。(なんか、日本の大学で受けた屈辱に似ていた・・・ [...]

アメリカの学生生活

By | June 24th, 2017|Categories: コンテンツに没頭, リアルワールドへ|

学費は親から借り、就職後に少しずつ返済するという学生は多い。全寮制の大学なので、生活費は学費と一緒に全額前払いする。ただし、本や文具品、交際費などは自分で何とかしないといけないので、キャンパスにはアルバイトの機会が溢れている。決して待遇は良くないが、勉強と両立できるのが魅力だ。従って学生はよく勉強し、無駄なことには一切お金を使わない。悪く言えば貧乏で ケチ、よく言えば金銭感覚が成熟している。 美人は少ないものの、男女比はほぼ半々で、キャンパスのあちこちで映画やコンサートなどが開かれる。モンテカルロ・ナイトと呼ばれるカジノ大会や、ハロウィーン・パーティーなど、2ヶ月に一度は教授陣も巻き込んだ大学全体のお祭り騒ぎがある。小さな大学ならではの、家族的サービスだ。 学生数 vs 教師数は12対1で、これはかなりいい数字と言える。キャンパス内の規律も厳しく箱庭のような環境なので、ひねくれた学生はおらず、皆前向きで、お行儀がいい。日本での、悪臭を放つオタク達がうようよしていた退屈なキャンパスと比較すると、ここはまさに天国だった。当然、僕も勉強に身が入った。面積分、ベクトル解析、電磁気学など、日本ではちんぷんかんぷんだった概念が驚くほど簡単に理解でき、面白かった。それには多分に、アメリカの教育法が関与している。 オープンでコミュニケーションを大切にするアメリカでは、標準化、体系化、マニュアル化、ドキュメンテーション、プレゼンテーションなど、意思疎通を効率良く行うトレーニングを幼い頃から積んでいる。「人に解らせる」「人を説得する」というのは大切な能力なのだ。 これは以心伝心を暗黙の了解として美化してしまう日本文化と大きく異なる。日本の「もの言えば唇寒し」は、アメリカでは「黙っているのは無能の証拠」と、対極である。アメリカがコンピュータの分野で常に世界をリードし続けるのも、ここに理由がある。 極論すれば、アメリカは能力を引き出す教育であり、日本は個性を叩き潰す教育だ。 年功序列の文化が根強く残っている日本では、例えば伝統的な職人芸でも、弟子たちは師匠のヒミツを「盗む」しかなかった。先輩たちは、無意識下であろうが、自分に追いつき追い越す危険性のある後輩たちの学習効率をわざと下げることによって彼らの才能の芽をつみ、苦労して築き上げた自らの地位を保証しようとする。自分のやり方しか認めず、それを覆す新しいテクノロジーや発想は悪であると思い込んでいるのだ。実はそこにこそ革新が潜んでいることに気がつかない。 [...]

User Reviews

I bought a copy of this theme to test and I am impressed. Not only the theme is well thought out with good amount options and excellent customisation facilities but their support at their support forum is exemplary.I can thoroughly recommend the theme and the developer. I will be buying more licenses.
Sarumbear, Avada Theme
Awesome, You People are Extraordinary with Support and I don’t know any word which is bigger than extraordinary or have written here million times! Superb Theme Superb People and Superb Support! Thanks for Awesome Help! I don’t need to buy any theme again, this is ultimate THEME for Me for Every Business and Client of Mine.
Sherman, Avada Theme
This theme is GREAT. I have tried to work with other themes in the past and always run into bugs, but not with Avada! It is very easy to customize the theme to suit your site without any code knowledge. The portfolio and sliders are a must-have for me, and Avada truly delivers! I will be sticking with Avada for quite some time!
Marymaier,, Avada Theme

面白そうだけど、どうすれば? >>>

英語の7つの世界へ!